RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
5月29日 真っ赤な空を見ただろうか
BUMP OF CHICKENのシングル、「涙のふるさと」のカップリング曲です。

実は僕、どのアーティストに対しても、基本的にシングルを買わずにアルバムだけ聞くという、エセファンっぷりをいかんなく発揮しているわけですが、このシングルに関してはS嬢からいただきまして、めずらしくまともにシングルの曲を両方とも手にしていたわけです。

で、聴いてたら、メインである「涙のふるさと」より、こちらのほうが気に入ってしまった。

なんかね、誰に聞いたんだか忘れたけど、この曲、藤原君が超スランプってたときに、たまたま見た夕焼けを見て感動し、作った曲だと聞きまして、ああなるほど、といっそうこの曲に共感を覚えるわけです。

この曲を聴くとね、なんか就活やってた2006年春を思い出す。

2年間挑戦した公務員試験で結果が出せず、既卒の就活へ。

僕が大学4年のときの2004年は、まだまだ就職が厳しい時期で、新卒ですら就職率が低かった時代。

そんな新卒時期に、「オレは公務員目指す組みだから」とまともな就活をほとんどせずに来て、大学卒業から2年後、満足な就活経験もないまま、新卒よりさらに厳しい既卒の就活へ突入。

民間で就職するに当たり、いったい自分が何をしたいのか、ブランクもあり、一体どうしたらいいのか、それに加えて人生初の完全な挫折感も味わい、そのあたり、まぁ私事ですが、最強にへこむ事態もあり、本気精神やばかった。

それでいて、やっぱり既卒の就活。面接ではズタボロに言われ、満足な結果は出ず、周りに対する焦り、プレッシャー、未来への危機感、その他もろもろ。マジで夜は眠れず、明け方、空が明るくなってきてようやく3〜4時間の睡眠が取れる、そんな時期でした。

ホント、なんか楽になりたい。死にたいとかそういうニュアンスではないけど、漠然とすべてから逃避をしたかった。

でも、以前バイトしていたゲーセンの連中。奴らみたくなったらそれこそ人生の終わりだと必死に自分を立ち上がらせ、何かしらの行動をしていましたが、面接に行けば「ハハ、職歴なしの既卒なんかに価値があるわけないだろ、クズめ」みたいな感じで凹まされ、賽の河原にいるような徒労感が募りました。


いつも考えてました。

オレ、就職しなきゃいけないのかな。

就職してどうするんだろ。

みよちゃんともこの先どうなるのかわかりゃしねぇのに、オレこんな頑張ってどうするんだろ。

一人で生きてるなら別に就職なんかこだわらなくたって、今のバイト(スタンド)でやってたっていいじゃん。

でもだめだ、そんなんなったらオレが嫌いな駄目人間と同レベルだ。

オレはやらないといけない。

駄目にならないように、そして家族にも、兄弟にも、悪い見本になるわけにはいかない。

仲間にも見放されるようなクズになったらおしまいだ。

でもオレが頑張って何が変わるだろう。

オレが頑張って誰かを変えられるのか?

オレの頑張りは誰かに伝わるのか?

オレが頑張ることに意味はあるのか?

いや、少なくともオレが頑張らないとオレは変わらない。

だから続けないといけない。

でも続けたその先に・・・


そんなぐるぐる回る思考。



大切な人に唄いたい
聞こえているかも解らない
だからせめて続けたい
続ける意味さえわからない




当時はまだ発売してませんでしたけどね、この曲。でもこの部分を聞くとそんなあの頃を思い出す。



就活中、なんか急に、凄い嫌になって、面接をセッティングしてもらったひとつの会社の面接を、予定日の前日に断ったことがありました。

なんかもう、いろいろうまくいかないし、どうしたらいいかわからなくなって、せっかくいい条件のところだったのに、面接を逃げました。

それから2週間くらい、どこも応募できず、なんかどうしようどうしようと思っていたと記憶してるんだけど、この時期、みよちさんに結構愚痴ってたんじゃないかと思う。

でもみよちさんが「大丈夫だよ、きっとできるよ、頑張れ」みたいな感じで言ってくれて、そんなありふれた言葉でも、この先どうなるかはわからんけど、やっぱオレは頑張らないと、と思ったわけです。


理屈ばかりこねまわして
すっかり冷めた胸の奥が
ただ一度の微笑みで
こんなに見事に燃えるとは

ただ一度の微笑みに
こんなに勇気を貰うとは

ここまで喉が震えるとは



そして次に受けたところ、それが今の会社で、なんかすんなりと決まり、気がつくと、今日は今の会社から内定が出てちょうど1年でした。


内定の電話が来たあと、すぐみよちさんにそれを伝えた。


一人で見た真っ赤な空
君もどこかで見ただろうか
僕の好きな微笑みを
重ねて浮かべた夕焼け空



藤原君が見た気持ちとはまた違うと思うけど、この歌を聴くと、いつもあの頃を思い出す。

バンプの曲は、とにかくもうダメダメなんですってとこから立ち上がる、それがあるから好き。

その辺がただカッコつけてるだけの歌じゃない、身近な感じっていうか、親近感ていうか、あるんだよね。ああ、オレもあるよ、それ、みたいな。

そして今は、目標に向かって、頑張ろうと思います。
author:Fox@永遠のドリーマー, category:わたしのすきなうた, 21:43
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:43
-, -, pookmark
Comment